作文生産06

夏季です! 旬のコーンにかぶりつきたい! なのに茹でるのに失敗して拳が硬くなるような情熱をした実例、ありませんか? 『独り暮し男性が自分で作る簡素! 思いっきり! ガッツリレシピ』で健康の板前・gatugatu様が、皮無料のまま水から茹でると飛びきりジューシーで甘い唐黍ができるという驚愕の製法を紹介している。これは帰りに買ってすぐさま努めたく罹る!

スーパーマーケットに、皮無料のコーンが並ぶピークだ。

コーンの時節は夏季から初秋だ。6月々〜9月に水揚げされます。水揚げのケースからみるみるとサッカリドがデンプンデキに変化するので甘味が激減していきます。なので、取れたその瞬間が食べごろだ。

最近のコーンは、実が軟らかく甘味が激しいので「ライブ」で食えます。僕がこの間、働いていた店先も6月々7月になると、「唐黍の刺身」という物クッキングでナイス企画に入れてました。塩分だけをつけて食する、シャキシャキした歯ごたえの柔らかい物だ。

ライブも旨いですが、何となく茹でたほうが甘味が含め、ライブは比べ物にならないおいしさになります。

その美味しいゆでヒューマンは…

「皮無料のまま水からゆで、噴出上3〜5分け前ぐらぐらといった茹でる」

だ。

この方法を通じて茹でると、あなたは実がプクッとふっくらとなったジューシーで甘〜いとうもろこしが食えます。

それは、何故か?

皮無料で茹でるとだし汁が逃げません。皮の中のヒゲ(絹糸)に色素があり、鮮やかなイエローを出していただける。

そうして、水から茹でるため実の膜が水を必ず取りこむのでジューシーになるからだ。

茹でるときの水に塩分は入れません。茹で上がった後に皮をむしりとって塩水を偽造にベチャベチャという塗りたくります。塩水を塗るってコーンの実がシワシワになり難くなります。

それに、塩分を茹でるときの水に添えると、コーンにある程度の塩味付けるのに大量に必要となります。塩水なら少量で済みますからね。

では、もう細かい、「コーンの美味いゆでヒューマン」をレクチャー行う。

【食材】
皮無料コーン…1本

【塩水】
水…50cc
塩分…2g

1.コーンの根元を切り落とします。

ぜひとも早くして鍋に入れ易く行う

3.大きめの鍋にコーンを入れ、重なるくらいのたっぷりの水を入れます。

沸騰してから3〜5分け前ゆでます。

ときどき、菜箸で回し、均等にゆで出るように行う。

5.ゆで上がったら、1〜2分け前置いて荒パッションを取ります。

皮が冷めて剥きやすなります。

皮を合計剥き取ります。ヒゲ(絹糸)も取ります。

この方法で茹でるといった、コーンを噛んです瞬間に、甘〜い汁が「プチュプチュプチュ」っと、出てきます。

甘口でジューシーなコーンが食えます。

正邪!試してみて下さい。梅干しの梅翁園